城崎のお土産やさんが紹介する
城崎のいいところ
RECOMMEND

紅ズワイガニ(香住ガニ)漁解禁!ズワイガニ(松葉ガニ)との違いは?

紅ズワイガニとズワイガニの違い

毎年9月1日に漁解禁を迎える日本海の味覚「紅ズワイガニ」

城崎温泉は冬の期間「かに王国」へと姿を変えますが、実はそれ以外のシーズンもカニを味わうことができるんです。

秋が近づくと、お土産やさんの店頭に紅ズワイガニが並んだり、旅館では紅ズワイガニをフィーチャーしたプランが登場します。

本記事では、カニ界では少しマイナーな紅ズワイガニ(香住ガニ)についてご紹介。

混同しがちなズワイガニ(松葉ガニ)との違いも解説していきます。

紅ズワイガニ(香住ガニ)とは

Kasumi Red Snow Crab

紅ズワイガニの漁解禁は9月1日。日本海の秋〜春を代表するグルメです。

なぜ“紅(ベニ)”かというと、その名の通り、紅色のカニだから。

一般的なズワイガニは、生の状態だと甲羅が茶色、裏側が肌色っぽい色をしていて加熱をすると赤色になりますが、紅ズワイガニは生の状態ですでに真っ赤。初めて見る方は少しビックリするかもしれません。

また紅ズワイガニは、近畿地方では香住港でしか水揚げされないことから、別名「香住ガニ」とも呼ばれています。

紅ズワイガニの味は?

ズワイガニ(松葉ガニ)と比べると、水分量が多く身入りが少ないものの、その身は甘く、“カニの味”をしっかり堪能することができます。

ズワイガニはかにすき(鍋)やお刺身、天ぷらなどで食されることが多いですが、紅ズワイガニは基本的に、そのまま茹でて食べるか、身を加工してカニ寿司にしたり、コロッケ等の材料として使用されます。

また甲羅の中の味噌は、加工・瓶詰めされた上で、「カニ味噌」として販売されることが多いです。

紅ズワイガニの値段は?

紅ズワイガニ
▲香住港で水揚げされた紅ズワイガニ

気になるお値段ですが、ズワイガニ、特に松葉ガニと比べると、非常にリーズナブル

ズワイガニと比較して身入りが少なく、また漁獲量も多いためです。

しかし安いからといって味が悪いわけではなく、人によっては「ズワイガニ(松葉ガニ)より紅ズワイガニ(香住ガニ)の方が好き!」という方もいらっしゃいます。

ちなみに筆者は、身は紅ズワイガニ推し、味噌はズワイガニ推しです。

紅ズワイガニとズワイガニの違い早見表

紅ズワイガニズワイガニ
別名香住ガニ(近畿地方)松葉ガニ(山陰地方)
特徴身は甘く風味が強い。
水分量多め。
身も味噌も美味しい。
身はぎっしり。
漁期9/1〜6/3011/6~3/20
漁法カニカゴ漁底引き網漁
価格安い高い

カニ好きは必食の紅ズワイガニ(香住ガニ)

日本海の味覚「紅ズワイガニ(香住ガニ)」について、ズワイガニ(松葉ガニ)との違いを交えながらご紹介しました。

お手頃価格で食べやすく、地元民からも愛される紅ズワイガニ。

城崎温泉を訪れた際には、ぜひご賞味あれ!