城崎のお土産やさんが紹介する
城崎のいいところ
RECOMMEND

城崎温泉の食べ歩きグルメ&スポット11選【地元民ガチまとめ】

城崎温泉の食べ歩きグルメ

旅行中の楽しみの一つとして、やはり「食べ歩き」は外せませんよね。

関西を代表する温泉街・城崎にも、名産のカニや但馬牛を使ったグルメ、可愛くて美味しいスイーツがたくさん!

その中でも今回は、“食べ歩きグルメ”に特化してご紹介していきます。

地元民が実際に食べ歩いて、美味しかったものを11個厳選しました。

また記事の後半では、城崎温泉の食べ歩きスポットが多いエリアもご紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

【目次】
城崎温泉のおすすめ食べ歩きグルメスポット11選
城崎温泉の食べ歩きエリア

城崎温泉のおすすめ食べ歩きグルメスポット11選

1. 但馬牛メンチカツ / 牛匠 上田

但馬牛メンチカツ

松坂牛や神戸牛などの有名ブランド牛のルーツ「但馬牛」。その但馬牛を手軽に堪能できるのが「牛匠 上田」の「但馬牛メンチカツ」です(320円)。

肉汁ジューシーで旨味たっぷり。最高峰の但馬牛を使用しているだけあって、美味しくないわけがありません。メンチカツというと、大きくて脂っこいイメージがありますが、こちらのものはちょうどいいサイズ感で、一人ひとつでもぺろっといけてしまいます。

その他にも、但馬牛を使用した里芋コロッケやステーキ串などのテイクアウトメニューもあるので、家族や友人とシェアしても Good!

【基本情報】牛匠 上田
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島232
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約3分
電話番号:0796-32-4129
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日

2. 湯あがりぷりん / 円山菓寮

湯上がりぷりん

かりんとう専門店の「円山菓寮」の大人気商品、「湯あがりぷりん」(350円)。

とろっとろの食感と、上品な甘みがクセになる逸品です。世の中に美味しいプリンはたくさんありますが、その中でもこちらのプリンはとりわけ美味しいと断言できます。

温泉街の中心部に店舗があるので、まさに湯上がり後にぴったりのスイーツ。店内にイートインスペースもあるのでゆっくりと堪能することができますよ。夕方には売り切れてしまうことも多いのでお早めに!

【基本情報】円山菓寮
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島665
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約7分
電話番号:0796-32-2361
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日
※ 11月~3月は無休、年末年始を除く

3. 湯あがりチーズタルト / 城崎温泉 湯あがりチーズタルト

湯あがりチーズタルト

2でご紹介した「円山菓寮」の姉妹店が販売する「湯あがりチーズタルト」(280円)。

サクッとしたタルト生地と、クリーミーで滑らかな口あたりのチーズの相性が抜群です。

そして何より、表面に描かれたカニのイラストがなんとも可愛らしく、城崎っぽさを醸し出しています。イラストなしと同じ値段なのも嬉しいポイント! SNS映えもバッチリです。

【基本情報】城崎温泉 湯あがりチーズタルト
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島233
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約3分
電話番号:0796-32-2038
営業時間:9:30~17:00
定休日:無休

4. 松葉ガニクリームコロッケ / 城崎 おみやげ百選

松葉ガニクリームコロッケ

城崎の冬の味覚・松葉ガニの身を使用した贅沢な「松葉ガニクリームコロッケ」(300円)。

揚げたてサクサクの食感と、しっかりとしたカニの味わいが絶品の、城崎温泉でしか味わえない食べ歩きグルメです。

こちらの店舗は駅を出てすぐなので、到着後に小腹を満たすのもよし、帰り際に最後の城崎グルメとして味わうのもよし。城崎温泉ならではのグルメ体験をぜひ。

【基本情報】城崎 おみやげ百選
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島123
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約1分
電話番号:0796-29-4881
営業時間:8:30〜17:00
定休日:無休

5. かに棒 / 汸臼庵

かに棒

食べ歩き天ぷら専門店「汸臼庵」の人気グルメ「かに棒」(550円)。

しっとり、もちもちの棒天ぷらの中に、かに脚が1本入ったユニークな逸品です。揚げたものを店頭で蒸して、アツアツの状態で食べさせてもらえますよ。

写真からも分かる通り、大きくてずっしりしているので、食べ応え抜群。他にも、たこやエビなどの海鮮メニュー、チーズやじゃがバター味等もあるので、食べ比べてみるのも楽しそうですね。

【基本情報】汸臼庵
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島429
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約5分
電話番号:0796-32-2649
営業時間:9:00~22:00
定休日:不定休

6. 但馬牛まん / 但馬牛DELICA茶屋

但馬牛まん

深緑の暖簾が目を引くテイクアウト専門店で人気なのは、高級和牛・但馬牛を贅沢に使った「但馬牛まん」(330円)。

ほんのり甘くふわふわの生地の中に、但馬牛の旨味がぎっしりと詰まっています。一緒に購入できる生ビールや地ビールとも相性ばっちり!

冬期限定の「城崎蟹まん」のほか、「但馬牛コロッケ」や「但馬牛メンチカツ」も人気ですよ。

【基本情報】但馬牛DELICA茶屋
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島206
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約3分
電話番号:0796-32-2655
営業時間:9:30~20:00(平日)、9:30~21:30(土曜・祝前日)
定休日:なし

7. 特製いちご大福 / 城崎温泉みなとや

特製いちご大福
出典:YUKOTABI

全ての甘党を魅了するのが、老舗お菓子店「みなとや」で販売されている「特製いちご大福」(300円)。

大粒のあまおうと白あんが見事にマッチしていて、口に入れた瞬間に思わず頰が緩んでしまうことでしょう。

販売期間は11月中旬~5月中旬。門構えは少し格式高く感じてしまうかもしれませんが、商品1つから快く対応してくれますよ。

1日数百個単位で売れる、城崎を代表する和スイーツをお試しあれ。

【基本情報】城崎温泉みなとや
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島416
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約10分
電話番号:0796-32-2014
営業時間:8:30〜17:30/19:30〜21:30
定休日:不定休

8. かにやき / かにやき丸福

かにやき

木屋町小路内で販売されている城崎の新名物(?)「かにやき」(150円)。

パリパリの薄皮生地に、甘さ控えめのあんこがぎっしり。たい焼きのかに型バージョン、といった感じでしょうか。

材料に地元産の米粉のほか、国産大豆、日本海の塩を使用するなど、素朴な見た目と味わいの中に、しっかりとしたこだわりも詰まっています。

【基本情報】かにやき丸福
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島391
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約12分
電話番号:090-5660-0353
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

9. きなこソフトクリーム / 城崎きなこ

きなこソフトクリーム

きなこ感たっぷり、甘すぎない大人な味わいの「きなこソフトクリーム」(400円)。

可愛らしいフォルムとは裏腹に、その味は本格的。食感は一般的なソフトクリームに比べると、少しシャーベット寄りなのでしつこくなく、最後の一口まで飽きずに食べられます。

味は「きなこ」「抹茶」「ミックス」の3種類。きなこ好きの方は迷わず Go!

【基本情報】城崎きなこ
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島440
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約12分
電話番号:0796-32-2260
営業時間:9:00〜22:30
定休日:不定休

10. 串ぬれおかき(甘口醤油)/ 寺子屋本舗 城崎店

串ぬれおかき

京都発祥のせんべい、おかきの専門店で人気のテイクアウトメニューが「串ぬれおかき」(200円)。

お店の近くを通ると、醤油の香ばしいにおいがするので思わず立ち寄ってしまうかも? 見た目は焼き鳥のようですが、食感はしっとりもちもちで、ぬれおかき独特の歯ごたえがクセになります。

甘いものからしょっぱいものまで、さまざまなフレーバーのせんべいやおかき、ぬれおかきが販売されていて、サイズも値段もお手頃。食べ歩きにぴったりのグルメです。

【基本情報】寺子屋本舗 城崎店
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島677
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約5分
電話番号:0796-32-0707
営業時間:9:30~17:30
定休日:なし

11. 温泉玉子 / 城崎ジェラートカフェChaya

温泉玉子

これまで紹介した食べ歩きグルメと違い、こちらは城崎温泉の源泉に浸けて自分で作る「温泉玉子」です(3個350円/5個500円)。

ロープウェイ麓にある「城崎ジェラートカフェChaya」で生卵を購入し、すぐそばの「温泉たまご場」に浸けて待つこと11分。ぷるぷる絶品の温泉玉子の出来上がりです。

塩や玉子カッターなど、必要なものは全て揃っているので、お時間のある方はぜひチャレンジしてみてください。

【参考】
城崎温泉でほっと一息。元湯で足湯と温泉玉子作り体験を楽しもう!【薬師公園ポケットパーク】

【基本情報】城崎ジェラートカフェChaya
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島857
アクセス:JR城崎温泉駅から徒歩約15分
電話番号:0796-29-4858
営業時間:9:30~17:30
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)

城崎温泉の食べ歩きエリア

続いて、城崎温泉の食べ歩きスポットが密集しているエリアをいくつかご紹介します。

駅通りエリア

城崎駅通り

城崎温泉駅を出てまっすぐ伸びるメイン通りには、お土産屋さんやレストランがズラリと並んでいます。

道幅は広めで食べ歩きにぴったり!

本記事でノミネートされた「但馬牛メンチカツ」や「湯あがりチーズタルト」、「松葉ガニクリームコロッケ」等は、この駅通りで召し上がることができます。

柳並木エリア(大溪川沿)

Kinosaki Onsen, Hyogo Prefecture, Japan

柳並木が美しい大溪川沿。

川を挟んだ両側には、テイクアウトできるお店がたくさん建ち並んでいます。

「かに棒」と「串ぬれおかき」はこのエリアからピックアップ。

城崎らしい街並みを感じながらの食べ歩きはココで決まり!

湯の里通りエリア

湯の里通り

城崎のランドマーク「一の湯」から「ロープウェイ」方面へと続く湯の里通りにも、食べ歩きを楽しめるお店がいっぱい。

特にこのエリアは、「特製いちご大福」や「きなこソフトクリーム」をはじめとした、スイーツ店が多い印象。

外湯が集まるエリアなので、湯めぐりがてらの食べ歩きにおすすめです。

食べ歩きは城崎旅行の醍醐味!

以上、城崎温泉のおすすめ食べ歩きグルメとエリアを、厳選してご紹介しました。

名産のカニや但馬牛を使ったコロッケやメンチカツ、城崎を代表するスイーツ、あなたはどのグルメに食欲をそそられましたか?

今回ご紹介できなかったグルメもまだまだたくさんありますので、城崎を訪れた際は、ぜひ思う存分「食」も楽しんでくださいね!