城崎のいいところ発見
RECOMMEND

【検証】城崎温泉の地ビール(クラフトビール)を飲み比べてみた!

城崎地ビール飲み比べ

旅行が好きでビールも好き!

そんなビール愛好家の方は、旅先で現地のクラフトビール(地ビール)を味わうのも楽しみの一つなのでは?

いまや全国各地にさまざまな地ビールがあり、製法やパッケージなど、どれもその土地ならではのこだわりが詰まったものばかりです。

そして、温泉とカニの街・城崎にも地ビールがあります。

今回は、実際にビール好きの筆者の友人数名に集まってもらい、どの城崎地ビールが美味しいのか、を検証してみました。

城崎観光中に飲む際に、またお土産として地ビールを購入する際に、参考にしてみてください。

城崎地ビールの基本情報

地ビール4種

城崎温泉の地ビールは全部で4種類。

  • 空のビール(ピルスナー)
  • 黒のビール(スタウト)
  • 川のビール(ヴァイツェン)
  • 雪のビール(カニビール)

全て城崎の温泉旅館「山本屋」の直営工場で作られています。

兵庫・但馬の美しい水と澄んだ空気は、ビール作りに絶好の環境。

麦芽100%、加熱処理していない正真正銘の本格生ビールは、湯上りに、カニ料理にぴったりの一杯です。

城崎地ビールは、先述の山本屋の他、地ビールレストラン「GUBIGABU」や、街中にある酒店等で購入することができます。

【検証】城崎温泉の地ビール(クラフトビール)飲み比べ

それでは、実際に4種の城崎地ビールを一つずつ順に紹介していきます。

※ ビール好きによるレビューと星評価も添えていますが、あくまで個人の見解ですので参考までに。

空のビール

川のビール

チェコ産ザーツホップをふんだんに使用した、コクとうまさのバランスが絶妙なクラシックラガー。

また、ピルスナーならではの細かい泡と爽快な口当たりも特徴的です。

・ アルコール度数 4.5%
・ 内容量 330ml

少し変わった味がするビール。クラフトビールが好きなら好きかも。軽くて飲みやすい。ビール愛好家
空のビール(ピルスナー)
見た目  ★★★★☆
香り   ★★☆☆☆
味    ★★★☆☆
のどごし ★★★☆☆

黒のビール

黒ビール

ローストされて焦げた麦芽の苦味と、スイートなカラメルフレーバーが絶妙にマッチした一本。

ブラックコーヒーのようなしっかりとした苦味と深みを感じられる黒ビールです。

・ アルコール度数 5.5%
・ 内容量 330ml

カラメル×香ばしさのバランスが、本当にコーヒーみたい。泡がクリーミー。濃いから、味の濃い料理と合いそう。ビール愛好家
黒のビール(スタウト)
見た目  ★★★★★
香り   ★★★☆☆
味    ★★★☆☆
のどごし ★★★☆☆

川のビール

川のビール

小麦(ヴァイツェン)麦芽を配合したビールです。フルーティーな香り、清涼感のある爽やかな味わい、軽い口当たりが人気の秘訣。

ヴァイツェンビールは、ヨーロッパでは「貴族のビール」と呼ばれているほど、贅沢なビールなんですよ。

・ アルコール度数 4.5%
・ 内容量 330ml

フルーティーな香りが爽やか。苦味が少なくさっぱりしていてスルッと飲みやすい。ビール愛好家
川のビール(ヴァイツェン)
見た目  ★★★★★
香り   ★★★★☆
味    ★★★☆☆
のどごし ★★★☆☆

雪のビール

雪のビール

城崎の冬の味覚「松葉がに」に合うよう開発されたビールです。少し甘めの口当たりと深み、ホップのほろ苦いキレが好評。

モルトの甘みと、かにの甘みのハーモニーが素晴らしい一本です。アルコール度数が他に比べて高いため、寒い冬に飲めば体も温まること間違いなし。

※ 原料にかには使用されていません。

・ アルコール度数 6.0%
・ 内容量 330ml

4つの中で一番普段飲んでいるビールに近い味! 美味しい! リピートしたい!ビール愛好家
雪のビール(カニビール)
見た目  ★★★★☆
香り   ★★★★☆
味    ★★★★★
のどごし ★★★★★

【空・川・黒・雪】地ビールで城崎を味わう

空・川・黒・雪。

各々個性的な味わいの、4種類の城崎地ビールをご紹介しました。

ビール好きの方はぜひ、街歩きの休憩タイムや湯上がり後などに、城崎でしか味わえない地ビールを楽しんでみてください。

本企画のように、ご家族、ご友人たちと飲み比べてみるのも面白いかもしれません。